久留米市の焼き鳥

久留米市の焼き鳥

串に刺さった鶏肉を焼く。
焼き鳥を説明するのにこれ以上に適した言葉はありません。
ここまでシンプルな料理だからこそ、居酒屋や焼き鳥店で積極的に取り入れられ全国的に有名なメニューとなったのです。
つい最近にも栄の美味しい居酒屋の個室で焼鳥をたくさん食べてきた私が言うのだから間違いないです。

 

そんな焼き鳥の中でも特に個性的なのが福岡県久留米市の焼き鳥です。
久留米市の焼き鳥は、通常の焼き鳥とは異なり鶏肉だけではなく豚肉や牛肉、野菜といった具材を自由に串に刺したものを提供しています。
もともと久留米市では昭和30年代ごろから焼き鳥が食べられており、そこから少しずつさまざまな具材を串に刺して食べるように進化したといわれています。
お肉の部位についても普段はなかなか食べられないような小腸や心臓、動脈といったものを提供しているお店も少なくありません。
また、馬肉を焼き鳥として食べるのも久留米市独特の習慣です。
久留米市といえばタイヤを中心としたゴムの加工品で発展してきた街です。
ゴムの加工工場で働いていた人たちのお腹を満たすために、様々な焼き鳥が生み出されました。
工場で働いている人にとって、調理時間が短くお腹に溜まりやすい焼き鳥はまさにご馳走だったのです。
そんな久留米市の土地柄も焼き鳥の発展に一役買っていたといえます。
久留米市では現在でも焼き鳥が街を代表する料理となっています。
毎年のように「焼き鳥フェスタ」というイベントを開催していることからもそれは明らかです。
焼き鳥フェスタでは毎年テーマが決まっており、全国からテーマに合った焼き鳥が焼き鳥を自由に食べられます。
焼き鳥好きな久留米市民はもちろんのこと、市外からも多くの人たちが訪れる名物イベントです。
皆さんもぜひ一度久留米市で焼き鳥を食べてみてください。