美味しい焼き鳥屋の選ぶポイント

美味しい焼き鳥屋の選ぶポイント

おつまみの定番、焼き鳥が好きな人は多いですよね。
ですが焼き鳥は、お店によってかなり美味しさに差があると言えます。
では美味しい焼き鳥屋の特徴について紹介します。

 

まず焼き鳥は、鮮度に拘る必要があります。
焼き鳥の鮮度とは、鶏肉を絞めてから食べるまでの時間と、肉の塊を串に刺してからの時間が大きな決めてとなります。
鶏肉は、絞めてから12時間程度が最も美味しく、その後は時間の経過をともに味が落ち、ドリップが出てしまうからです。

 

居酒屋チェーン店では、冷凍焼き鳥のケースも珍しくありません。
ですが焼き鳥が冷凍かどうかは、ねぎまのねぎの具合を見れば一目瞭然です。
当然冷凍焼き鳥よりも、冷凍していない鮮度がいい焼き鳥の方が美味しいと言えます。
 

 

そして焼き鳥で鮮度の次に重要なポイントは、焼き方です。
焼き鳥を美味しく焼くポイントは、鶏のタンパク質のミオシンを固めて、アクチンは固めない事です。
そして上手に焼くために最も適した方法が、炭火焼だと言えるでしょう。

 

炭火焼の中で最高品質が備長炭なので、備長炭で焼いている焼き鳥屋は美味しいと断言出来ます。
備長炭で焼き鳥を焼く事で、鶏肉の脂が下に落ち、それが煙となって焼き鳥を燻煙します。
この煙でいぶされる事で、香ばしい焼き加減に仕上がります。

 

また焼き鳥を七輪で焼いているお店もありますよね。
七輪で焼くのは火加減が難しいですが、遠赤外線が出るため、表面が均一に焼き上がり、美味しくなるという訳です。
なので美味しい焼き鳥屋を選ぶポイントは、鶏肉の鮮度と焼き方で判断すれば、間違いないと言えるでしょう。