地域色が強い焼き鳥事情

地域色が強い焼き鳥事情

焼き鳥とは地方の郷土料理ではなく、全国各地に存在している料理です。
そのためどこでも食べる事が可能ですが、地方によって地域差も存在します。

 

では地方のちょっと変わった焼き鳥について紹介します。
焼き鳥と言えば、串にささっている焼き鳥をイメージする人が多いでしょう。
ですが、愛知県の今治市の焼き鳥は「串がない焼き鳥」です。

 

鉄板で何種類もの部位をまとめて焼くため、一皿でボリューム満点の一品となっています。
鉄板の上でコテを押し付けて焼くため、表面に焼き目がついて香ばしいのが特徴です。
味付けは甘辛のタレで、お酒との相性も抜群だと言えます。

 

なぜ串で1本ずつ焼かないのかというと、今治の人はせっかちな人が多いためです。
待つのが嫌いなので、鉄板でまとめて焼く焼き鳥の方がお客さんに喜ばれるからという理由があります。
 

 

また焼き鳥と言えば、当然鶏肉だとイメージしがちです。
ですが、福岡県の博多市の焼き鳥は、鶏肉に限定されていません。
メニューには、鶏の焼き鳥以外にも、豚の焼き鳥、魚介類の焼き鳥まで存在しています。

 

通常の感覚だと豚の焼き鳥が出て来たら、驚いてしまいますよね。
博多市の焼き鳥は、タレではなく塩で素材の味を生かしたさっぱりとした味わいです。
バーベキューのように、焼き鳥の串に玉ねぎが刺してある事も大きな違いだと言えるでしょう。

 

また博多市以外にも、豚肉を使う焼き鳥が存在するのが北海道の室蘭焼き鳥です。
室蘭では昭和初期当時、鶏肉が非常に高価で仕入れる事が出来ず、養豚の街だった事もあり、豚のモツで焼き鳥を作って提供した事が始まりだと言われています。

 

このように焼き鳥は、いろいろと地域差があるため、旅行などで飲みに行く場合には焼き鳥を注文してみても面白いのではないでしょうか?