焼き鳥の希少部位について

焼き鳥の希少部位について

あなたは、焼き鳥のどの部位が好きですか?
もも、ねぎ間、レバーや皮などは、焼き鳥の定番でどのお店でもメニューにあります。
ですが、他のお店では食べられないような、希少部位と出会えたら、ちょっとテンションが上がってしまいますよね。

 

ではどのような部位があるのか、希少部位について紹介していきます。
焼き鳥には、「ちょうちん」と呼ばれる希少部位があります。
「ちょうちん」と言われても、食べた事がなく、どこの部位なのかピンとこない人も多いでしょう。

 

ちょうちんとは、鶏の卵巣の卵の形になる前の卵黄の部分・きんかんと、そしてきんかんの通る輸卵管と呼ばれるひもの部分を一緒に串に刺して焼いたものです。
一羽の鶏から1本しか取る事が出来ない為、なかなか出回らない希少部位だと言えるでしょう。

 

気になる味は、きんかん部分は卵なので、卵黄に似たとろみがあります。
ひもの部分はホルモンに似ていて、歯ごたえがあり、淡白な味です。
甘辛いタレで味付けする事で、卵黄のとろみが引き立ち、味わい深い一品です。

 

きんかんとひもはセットで食べるのが美味しいので、ちょうちんはそのまま一口で一気に食べるのがオススメです。
ちょうちん以外の希少部位では、「せせり」は鶏の首の部分の事です。

 

鶏は、頭を前後に動かして歩きますよね。
そのため首の部分の筋肉が発達しているため、身が締まっていて歯ごたえと脂身のバランスがよく美味しい部位です。
焼き鳥によって名称が異なり、せせり以外にもネックやそろばんと呼ばれる事もあります。

 

「おび」は、定番のももの中心部分の事です。
もも肉よりも水分が多いため、モチモチと柔らかく食感がいいのが特徴です。