焼き鳥の焼き方に拘る

焼き鳥の焼き方に拘る

居酒屋で焼き鳥を注文する事も多いと思います。
 
どこの居酒屋の焼き鳥も大して味は変わらない、
そんなふうに思っていませんか?

 

しかし焼き鳥がメニューにあっても、
拘っているお店もあれば、拘っていないお店もあります。

 

例えば拘っていないお店だと、
冷凍の焼き鳥をレンジでチンして出すだけ、なんてお店もあります。

 

では拘っているお店の、美味しい焼き鳥の調理法について紹介したいと思います。

 

まず焼き鳥は炭火で焼くのが一番です。
炭火の中でも備長炭が火力が安定しているので、焼き鳥の旨みを閉じ込めます。
そして備長炭には遠赤外線が発生し、高温で一気に焼き上げるのに適した炭です。
皮はパリっと香ばしく、そして中はふっくらとジューシーに焼き上げる事が出来ます。

 

備長炭は取扱いが難しいため、
使用出来るのは焼き鳥の焼く技術を持った職人だけです。

 

そのため焼き鳥に、備長炭を使用している居酒屋の焼き鳥は、
美味しい可能性が高いでしょう。

 

手間がかかりますが、美味しい焼き鳥は1本1本手作業で焼く必要があります。
部位や炭の状態によって、焼き方が変わるからです。

 

拘りの美味しい焼き鳥には、やっぱり日本酒です。
日本酒の中でも、純米酒のコクのある味わいの日本酒が合うでしょう。

 

また冬になると、温かい料理を食べなくなるので、
とり鍋に熱燗なんて組み合わせも最高ですよね。

 

最後の締めは、たっぷり鶏のダシが出たスープに、
ご飯を入れて溶き卵をかけて煮込んだおじや。
もういくらでも食べられそうですが、
ここは我慢して、軽く一杯腹八分目で頂きましょう。