焼き鳥の焼き方や味付けについて

焼き鳥の焼き方や味付けについて

焼き鳥の調理器具には、ガスの調理装置や炭火の上に焼き台を載せたものなどが存在します。
それぞれの焼き鳥店には、それぞれの焼き方にこだわりがあります。
また、炭を選ぶ際にも高価な備長炭を使用して焼き上げる焼き鳥店も多くなっています。
炭火で焼き上げる焼き鳥の特徴は、高い温度と強い火力、赤外線で水蒸気を生じさせずに焼き上げます。
その為、材料の内部まで短時間で火が通り、表面がカリッと仕上げるのが特徴になっています。
黒炭やガス、電気などを使用する焼き鳥店もありますが、
炭火で焼いた焼き鳥が最も香りや食感がよく美味と言う方は多いです。
それは、炭の遠赤外線効果や炭に落ちる肉汁や脂が焼き鳥を燻製してくれるからだと言われています。
炭火焼きの焼き鳥を好む方は、カラットした焼き加減や炭の香りのファンが多いです。
焼き鳥を焼く際には、金網を使う店もあれば、自動焼き鳥器を使用する店もあります。
また、最近のガス焼きはセラミックやガラス等で遠赤外線が出るようになっている製品も存在します。

 

焼き鳥の味付けは、店によって焼き上げ前、途中、後などで違いがあります。
また、味付けでは主に、塩とたれがあります。
たれは、醤油や味醂、酒、砂糖などを調整して甘辛いたれとなっている場合が多いです。
たれを使用する場合は、食材をたれに通す際に食材の脂やうま味などがタレに混ざっていきタレの熟成も進みます。
その為、たれを長期間入れ替えずに使用する店舗も多いです。
塩を使用する店の場合は、塩味の付け方やタイミングなどによっても焼き鳥の味に違いがでてきます。
焼き鳥の種類や店舗によっては、塩・たれの1種類のみの味付けの店もあります。
また食べる際に唐辛子や粉山椒、ワサビなどを用いる店も多いです。
焼き鳥に負けず劣らず人気の肉料理といえば焼肉ですよね。こちらの焼肉居酒屋でも、焼き方やタレにこだわって、絶品焼肉を楽しんでくださいね。