焼き鳥はどのように人気が広がっていったのか

焼き鳥はどのように人気が広がっていったのか

現在では、焼き鳥専門店などもかなり多くなっています。
しかし、昔は鶏を食べる事が忌避とされていた時代もありました。
しかし、野鳥を食べる事は例外とされていたそうです。
焼き鳥は、鶏肉を一口大に切ったものを串に刺して焼いたものになります。
焼き鳥は、専門店や居酒屋などで提供されています。
専門店では、スズメなどの小鳥を切らずに串焼きにして提供するお店もあります。
また、焼き鳥屋にはテイクアウトの専門店も多く存在しています。
テイクアウト店では、その場で立食し、土産として持ち帰る事もできます。

 

焼き鳥専門店のなかには、チェーン店も多く見られます。
また、居酒屋のメニューでも一般的に紹介されている事が多いです。
また、鶏肉以外の素材を焼いた串焼き全般を焼き鳥と呼ぶ場合もあります。
例えば、豚肉、野菜などです。
使用する材料にも、地域によって大きな違いがります。
鶏肉を使用する場合でも、
使用部位や呼び名などに違いがある事が多いです。
日本の焼き鳥の消費は、青森県と徳島県が多いと言われています。
次に消費が多いのが、関東地方と甲信越地方とされています。
焼き鳥職人の技術は、串打ち三年、焼き一生と言われています。
その為、串の刺し方が焼きあがりにも影響を与える事がわかります。
また、鶏肉が均一に焼けるように刺す技術も大切ですが、
それ以上に焼き上げの技術が大切とされています。

 

さまざまな焼き鳥店を比較して、
ご自身の好みに合う焼き鳥店を探していきましょう。
また、いろいろな部位を試してみるのも焼き鳥店で楽しむ方法のひとつです。
小料理バル ドメでも、鶏を使った和食メニューが人気ですよ。