女性客に拘った焼き鳥店

女性客に拘った焼き鳥店

あなたは居酒屋の焼き鳥の料金を、いくらだったら妥当だと思いますか?

 

焼き鳥の場合、1本あたりの量がどのお店も差がないので、料金比較に最適です。
それに1本が200円以上すると、部位にもよりますがちょっと高いと感じてしまいますよね。

 

例えば焼き鳥の料金で安すぎると、
冷凍だから安いんだと思う人も多いかもしれません。

 

しかし国産地鶏の焼き鳥専門店で、
皮80円、モモ100円で提供しているお店も存在します。

 

専門店なら仕入れ数が大量になり、また直接畜産農家と契約するなど、
仕入れの段階で安く仕入れる努力をする事が可能です。
料金だけで美味しさを判断してはいけません。

 

また1本では単価が安いので、
単価アップを狙って3本で500円とセットで販売する居酒屋も少なくありません。

 

客側としても焼き鳥3本ぐらいと、お酒を1〜2杯のちょい飲みが出来ると、
1人でも気軽に寄る事が出来ます。

 

そして焼き鳥=男性が好むメニューというイメージが強いですよね。
しかし最近は女性客を取り込もうという動きも見られます。

 

例えば女性はビールよりも、
チューハイなどのアルコール度数が低くて甘いお酒の方が好きな人が多いので、
ヒアルロン酸入りのチューハイを用意しているお店があります。

 

さらに、メニューにはコラーゲン鍋や無農薬野菜と地鶏の蒸ししゃぶなど、
美容とカロリーを考えたメニューが豊富です。

 

店内も間接照明や個室など、
オシャレで女性がリラックスして飲む事が出来る空間になっています。

 

最後の締めは地鶏の卵で作ったプリン、なんて
従来の焼き鳥店のイメージを覆す居酒屋だと言えるでしょう。

 

焼き鳥は高タンパク質、低カロリーの栄養価が高い素材を使用し、
さらに調理の段階で余分な脂を落として焼いていきます。
カロリーが気になる女性には、ピッタリのおつまみだと言えるのではないでしょうか?
こちらも女性客を意識した料理や内装が出迎えてくれます。