串焼きと焼き鳥の違い

串焼きと焼き鳥の違い

居酒屋の定番である焼き鳥と串焼き。
皆さんもお酒のお供として注文することが多いのではないでしょうか?
今回は、串焼きと焼き鳥の違いや美味しく食べる方法について詳しく見ていきましょう。

 

 

焼き鳥と串焼きの共通点はどちらも串に具材を刺して焼いているという点です。
焼き鳥の場合は主に鶏肉を具材として利用しています。
一方で串焼きの場合は鶏肉に拘わらず海鮮や野菜など様々な種類の具材が串を彩っているのです。
こうした具材の違いは焼き鳥と串焼きの発展模様に変化を与えています。
例えば焼き鳥は、鶏肉という限られた具材を美味しく食べるために具材以外の点に力を入れているお店が多く見られるのです。
焼き鳥の食べ方といえば塩やタレが定番ですよね。

 

しかし最近では柚子胡椒や醤油、ワサビ、ラー油など様々なものを薬味として用いるようになったのです。
どの薬味にも共通していえるのが鶏肉本来の美味しさを活かしているという点です。
鶏肉を串に刺して焼くというシンプルな料理だからこそ、素材の味をより引き立てるために進化を続けているといえます。
一方で串焼きはバラエティに富んだ具材を串に刺すという進化が目立ちます。
お肉と海鮮を同じ串に刺して焼く、同じお肉でも産地の違うものを同一の串に刺して食べ比べてもらうなど、
焼き鳥ではなかなか出来ないような工夫を凝らしてお客の興味を引いています。
そんな串焼きや焼き鳥を美味しく食べたい人は、ぜひ串に丸ごとかぶりついて召し上がってください。
串から外した方が食べやすいかもしれませんが、焼き鳥や串焼きは串に刺さった状態で完成した料理です。
串の上部についている具材から順番に食べることでより美味しさが引き立つように作られています。
今度居酒屋で串焼きや焼き鳥を食べる際には、その違いにも注意を払ってみてください。