焼き鳥で一人飲み

焼き鳥で一人飲み

一人飲みを楽しみたいという皆さんは、おつまみとしてどのようなメニューを食べるでしょうか?
 

 

唐揚げやフライドポテトなどのメニューも美味しいですが、やはりお酒のおつまみとして定番なのは焼き鳥ですよね。

 

今回は、そんな焼き鳥を一人飲みで利用する際の注意点を見ていきましょう。
焼き鳥を一人飲みで食べる際には、食べる順番に注意してください。
焼き鳥の美味しさはお肉や味付けだけでなく順番も大きく関わっているからです。

 

一般的なコース料理を想像してみていただくとどのようなものから食べるべきか想像がつくかもしれません。
最初はなるべく薄味で淡白な味わいの部位やお肉を選択してください。

 

最初から脂身たっぷりのタレ付き肉などを食べてしまうと、後から薄味のお肉を食べたときに味を感じられないことがあるからです。
そのため、まず居酒屋や焼き鳥店に付いたら、焼き鳥に関するメニューを一通り眺めてみましょう。

 

そこでどのように食べ進めていくのかを頭の中に思い描くと、最初に濃い味のものを食べてしまうことを防げるのです。
一人飲みでは手持無沙汰になってしまうとついグラスを空けがちです。

 

しかし、お酒ばかり飲んでしまうと焼き鳥の味がわからなくなってしまいます。
こうした事態を回避するためにも、小鉢料理など常に口が寂しくなったときに食べられるものを傍らに置いておきましょう。

 

一人飲みではいくつかのお店を巡ることもあると思います。
全てのお店の魅力を満喫するには、それぞれのお店がどのようなメニューを売りにしているのかをチェックしておくと良いでしょう。