様々なビールと焼鳥を合わせる

様々なビールと焼鳥を合わせる

仕事帰りに焼鳥屋で一杯飲もう。
そう考えたとき、皆さんのグラスにはどんなお酒が注がれているでしょうか?
ビールを片手に焼鳥を食べている姿を想像する人が多いと思います。

 

誰に教えられたわけでもないけれど、やっぱり焼鳥といえばビール。
今回は、そんな皆さんのために焼鳥とビールをさらに美味しく楽しむための方法をご紹介します。

 

焼鳥とビールの両方の美味しさを存分に堪能するには、食べ方が重要です。
ビールの特徴である喉越しは、お口の中をスッキリさせる効果を持っています。
そのため、まずはビールでお口の中をフレッシュな状態に戻し、その後焼鳥を頬張りましょう。

 

串の半分ほどを食べ終えたら再びビールに口をつけます。
そして仕上げに焼鳥の残り半分を食べるという形です。
この食べ方のメリットは、ビールでお口の中がフレッシュな状態を作り上げることで、焼鳥の旨味を新鮮に感じられる点にあります。

 

焼鳥を食べ終えたらまたビールを飲むことで、次の串に取り掛かる準備をしておきましょう。
ビールの種類にこだわるのも、焼鳥を美味しくするポイントといえます。
ビールの中には、麦だけでなくフルーツを原料の一部として利用しているものも存在します。

 

いわゆるフルーツビールという種類です。
フルーツの仄かな酸味と甘みは鶏肉の旨味を引き出し、今までのビールとは異なる世界へ皆さんを導いてくれることでしょう。
フルーツビール以外にも、黒ビールやレッドビールなど、いつも飲んでいる種類とは違うビールを合わせてみると、焼鳥の違った表情を楽しめるのでおすすめです。

 

立川 居酒屋のビールが美味しいです。