秋田県の比内地鶏

秋田県の比内地鶏

焼き鳥を食べるときのこだわりとして、お肉の焼き方や食べる部位などがよく挙げられます。
そうしたこだわりを持っている人にぜひ注目していただきたいのが、銘柄鶏かどうかという点です。

 

銘柄鶏であるということは、それだけ手間暇かけて育てられた鶏肉であることを意味します。
上質な鶏肉だからこそ焼き鳥のようなシンプルな料理でその味が映えるのです。
銘柄鶏の中でも全国的に有名なものとして秋田県の比内地鶏をイメージする人も多いことでしょう。

 

比内地鶏は秋田県の北部で生育されている貴重な銘柄鶏です。
鶏肉らしい淡白な味わいとジューシーな食感が絶妙な加減で混ぜ合わさっており、噛むごとに美味しさが口の中で何倍にも膨れ上がるのが特徴といえます。

 

昔の日本ではキジがよく食べられていましたが、比内地鶏はそのキジに煮た風味を持っているということです。
全身に筋肉が付いているため、全体的に赤身が強く、噛んだときの弾力を比べてみると他の鶏との違いが顕著になります。

 

比内地鶏の美味しさを生み出しているのが放し飼いによる飼育です。
放し飼いによって鶏は開放的な気分になり、ストレスを感じることなく成長します。
鶏一匹ごとに必要な土地の広さまで決められており、認証制度に合格しなければ比内地鶏として販売することは許されません。

 

この生育方法が比内地鶏のバランスの良い味わいの生みの親なのです。
比内地鶏を焼き鳥で食べる機会があったら、まずは塩味で食べてみましょう。

 

比内地鶏が持つ独特の食感と肉汁を感じるには塩味が一番だからです。
焼き鳥店を訪れた際には、ぜひ比内地鶏があるかどうかをチェックしてみましょう。